資格を取ることは楽しい

資格を取ることは楽しい。そして役に立つ時を夢見て

高校卒業時の偏差値は42。勉強も嫌いで資格欄は自動車免許のみ。
20代の当時は募集広告を見て面接を受けに行ったりしました。
1社目や2社目の面接で、面接当日にいきなり「いつから来れる?」という流れになり、特に苦労した記憶もなかったです。
仕事も適当にこなし、残業を頼まれても断って帰ることも多く仕事は二の次。
2〜3年で職を変えては、そのたびに給料のいいところへいいところへ移っていたので、仕事への熱心さは全くなかったです。

当時の会社の上司はこんなだったかもしれません・・・

 

何をしても許されていた20代が終わり、30歳を過ぎたあたりから変わってきました。
面接に落とされることが増え、会社をやめるとなかなか次の仕事が決まらなくなりました。
減っていく貯金、募る焦り。決まらないのでお金もらえれば派遣社員でもいいか・・・と考え行動しました。一発であっさりと決まりました。
初めての派遣社員、同じ建物内で同じ仕事しているのに、私は別会社の人間。
複雑な心境でした。現在派遣で働いている人はこの気持ち分かりますよね…。
肩身が狭く、従業員の接してくる態度も違う。そんな環境に長いこといてついに40代になり私自身向上心が芽生えたのでしょうか。
「何か資格を取ろう、そして昔のようにいい生活をするんだ・・・」そんなふうに考えるようになりました。

 

その当時の仕事は8:00-17:00まで。暦通りの休みの工場勤務で残業はなく定時で帰れました。会社には内緒でその後週5で18:00-23:00まで飲食店の調理のアルバイトをしていました。
当時からダブルワーク生活していました。365日無休ではなく両方とも週5勤務なので、睡眠時間8時間を確保して除いた(週48-16=32時間)の勉強時間になりますね。
まぁもちろん通勤時間や家事をする時間は、含まれませんのでこれまた別枠で計算しないといけませんが。
忙しいあなたと同じです。ざっくり8:00-23:00労働で週2休みとなりますが、ダブルワークをしていてもそれなりに時間は確保できる計算になるのが分かると思います。(平成30年現在は4つ掛け持ちで無休に近いので、睡眠時間を削っている)

 

そんな中でチャレンジしたのが危険物乙4で平成24年2月ごろから勉強して、同6月24日に試験だったのですが、一発合格しました。
受かった時の喜びは本当に今でも忘れられないですね。

どんなに仕事が忙しくても、どんなに頭が悪くても休日や睡眠時間を試験勉強に充てれば、一般的な資格ならば誰でも取れる
これは私の体験に基づく言葉ですが、勉強は努力すれば必ず報われます。
そして資格を取っておけばいざというときにあわてることなく即、役に立ちます

 

現在は楽なセルフのガソリンスタンドで働けているのも、資格を取ったからこそです。
ほかの人と同じ仕事をしていても、私の場合は労働時間が少ない分、月3000円程度ですが、ほかの人より余計にもらえるのも当時の勉強があってこそです。
資格を取ることは、みなさん無駄にはならないです。
そして資格を取ったら生かせるように行動していきましょう!

 

2018年07月01日 記載

 

簿記の資格を取りましたが役に立っています!

私が簿記の資格を取ろうと思ったのは、「30時間くらい勉強すれば余裕で取れるよ」というネット情報を見たのがきっかけです。
当時は何の目的もなく安易な発想でしたが、その情報を信じて勉強しましたね。
結果覚えることが多くて「30時間じゃ無理だから!どこの天才だよ」ってなりましたが・・・。
見事に落ちましたね( *´艸`)
1か月で余裕って方もいますが、頭にいい方のみそういった情報は信じましょうね。頭の良しあし、向き不向き、それに暇してる時間は人それぞれですから。
そういった合格自慢に付き合ってる暇は私にはないので。私の場合はビデオ配信される通信講座選びましたよ。
少々お金はかけてますが、結果その選択は正しかったと思っています。市販の本では私には無理!
まぁあなた自身が好きな勉強方法で勉強してくださいな(#^.^#)

 

それはさておき

 

もう40歳過ぎてますし、簿記が必要な経理の仕事なんて回ってこないと思いつつ、年間50万人も受けているという人気資格ということで日商簿記検定もがんばりましたよ。

私は1回目の独学のあとに、その難しさに無理だとあきらめてビデオ講義の講座を受けました。するとさくっと受かってしまいました。
ぜんぜん簿記とは無縁の仕事してますし簿記検定に受かったところで役に立つこともないだろうし、当時は資格というコレクション枠がひとつ増えたなぐらいでしたけどね。
資格が必要になるシチュエーションはある日突然やってくる

 

不動産屋営業担当者「土地を買って〇×法人に貸しませんか?借りたいという需要はありますので。お安くしておきますよ」

 

いろいろなやり取りをして購入することに決めました。

 

ある日突然私は規模は小さいながらも大家さんになってしまいました。不動産に関してはネットで調べていると、詐欺やらいろいろ出てくるのですが、私の場合は軽いボディーブローで済みました((+_+))
また毎年確定申告が必要だとも書かれていました。
確定申告の書類では損益計算書と貸借対照表を作成しなければならず、これって簿記で学んだ最終工程じゃないですか・・・
もちろんこれらを作るためには前処理として仕訳けもしなければなりません。

 

意外なところで簿記の勉強が役に立ちました。税務署に行って書き方を教えてもらい無事申告ができました。
今後もずっと確定申告で簿記の知識を使うので、時々復習しています。
どんな資格でも資格さえ取っておけばいざというときにあわてることなく即、役に立ちます

 

不動産業者は売ってなんぼの世界ですから暗黒面はすごいですよ。
石碑を壊した祟りで嘘がつけなくなった不動産営業マンのお話です。
「正直不動産1」「正直不動産2」というマンガが業界内部を暴露しているので参考になりますよ。

 



2018/07/12 記載

 

 

 

 

フォークリフトは工場系の仕事では重宝?!

工場系の仕事ではフォークリフトに乗る仕事に就くと、時給が一般の作業員より高くなるところがほとんどなので、持っていても決して損はないです。
また男女問わず乗れるのもフォークリフトの仕事の強みです。
免許は全国各地で実施されているフォークリフト運転技能講習を受けて最終日に実技試験をして晴れて合格です。
落とすための試験ではなく、安全に乗れるようになるための講習なのでほぼ受かります。
講習は現在の所持免許によって異なりだいたい3日〜5日間の講習(学科1日程度)で取れます。費用は32000円から40000円くらいです。
自動車免許などと比べるとかなりお手ごろな価格で免許が取得できます。

 

仕事に就いて実際にフォークリフトを運転することで、運転技能が上達していきます。
最初は激突して壁に穴をあけたり、商品の外装の段ボールに爪を刺して穴をあけてしまったり、商品の載せてあるパレット(フォークリフトで運べるように爪を刺す穴の開いた板)に爪をうまく刺せなかったり、うまく抜けなかったり失敗を繰り返しながら日々上達していきます。

 

カウンター(座って運転するタイプ)とリーチ(立って運転するタイプ)があります。就業先によってどちらのタイプかは異なります。
マニュアル(クラッチがある)とオートマ(クラッチがない)、燃料が軽油であったり、バッテリーで動くタイプとフォークリフトにもいろいろあります。

 

また勤め先によりフォークリフトに乗りっぱなしでまったく力のいらない作業場と、フォークリフトから降りて重量物を手おろししたりする作業場もあるので、腰を痛めている人はここだけは就業前に確認しましょう。

 

フォークリフトの仕事は最初はヒヤヒヤですが、上達してくると運転上の失敗もほとんどなくなり楽しくなりますよ。そしてほかの作業員より時給も高い場合がほとんどです。求人広告にも要フォークリフト免許の記載はちょくちょく見かけます。3日〜5日の講習で免許が取得できるのでかなりおすすめです。
就業先もたくさんあるので、仕事に生かしやすい免許となります。私のフォークリフト歴は通算10年になります。今現在は乗ってませんが、困ればまたお世話になるかも?!
2018/07/21 記載

 

 

 

資格マニアというと響きは悪いですが・・・

私は普通自動車免許しか持っていませんでした。

 

「気づけばいよいよ40台に突入かぁ。昔は給料もいっぱいもらえて良かったなぁ。」
「少しでも今の境遇を変えたい。」
「また正社員として雇ってもらえる会社に入りたい。」

 

など40歳になったのを機に日々思うようになりました。

 

「転職していい会社に入るためにも、何か資格を取ろう。」

 

そんな動機から危険物の勉強を周りに内緒で始めました。

 

私の場合もそうでしたが、誰に言われることもなく資格の勉強をやっている人は、きっと何か目的があってそうしてるんだと思う。
合否に一喜一憂し、経済的な理由から仕事を掛け持ちして家事もこなしての勉強は大変でしたが、ひとつ、ふたつ、みっつとだんだん数が増えていくのが楽しくて、気づいたら資格だらけになってしまいました。
そして途中引っ越しを機に新しい職場で働くことにもなり勤め先が変わったりもしました。
それまでお世話になっていた本業と副業をやめるしかなかったので全部0からのスタートです。ここだけの話、40代の転職はほんとヤバイです。
最近は新しく資格を取って給料をアップさせたり、簿記や宅建といった私が大家さんを続けていくうえで必要な資格を取ったりと、必要だから資格を取るスタイルに変わり始め資格を取る意味に変化が出てきました。
今にして思えばあの時、資格取っておいたから今があるのかなと思います。
2018/11/03 記載

 

 

このサイトは簿記に限らず、お金に関するいろいろなテーマを取り扱っています。
私と同じ非正規雇用で働いている人にぜひ読んでもらいたいです。
ブログ形式のサブページでは、私の極秘のお金稼ぎの考え方を掲載しています・・・。

 

簿記3級について

 

簿記2級合格の強い味方、ビデオ講義で安い通信講座はここ!

 

資格を取ることは楽しい。いつか役に立つ時を夢見て

 

だから不動産投資は面白い第1話。騙されないようにね!

 

株を始めました。これも簿記の知識が生かせます

 

株取引初心者です。実践あるのみ、老後2000万は無理ですが…

 

初心者大家さんの宅建士試験奮闘記

 

アフィリエイトって儲かるの?

技術系資格の登竜門と言われる危険物乙4からの甲種までの試験の体験記サイトです。
危険物乙4〜甲種はこちら
今が取得のチャンス。薬剤師とは別の医療関係者の資格取得応援サイトです。
登録販売者編はこちら
年間50万人が受ける大人気資格。日商簿記検定の取得応援サイトです。
簿記3級.comはこちら
簿記2級編はこちら
実務経験なしの素人でもOK。第2種電気工事士の資格取得応援サイト。
第2種電気工事士編はこちら
料理・お菓子についての資格
調理師編はこちら 製菓衛生師編はこちら
宅建士の資格応援特集です。
宅建士はこちら

 

↑私が現在育成中の副サイトのリンクです。興味がある資格がこの中にあったら、ぜひ読んでみてくださいね!