確定申告のページ

確定申告って

確定申告って目的は何なの?

毎年11月ごろに年末調整の書類が会社から配られますよね?
通常は書類を提出すると、12月ごろに払いすぎた税金が返ってくるあれです。
本業1本の方は収入がそこしかないので会社が全部やってくれるので確定申告は必要ないです。
ダブルワークしている人などは税務署に行き確定申告が必要になってきます。
今はマイナンバーがあるので何もせず放置は怖いですね。
概算で給料から差し引かれていた所得税を正確に計算して正しい税額に調整するのが確定申告です。
来年の住民税を計算する元データにも使われます。

 

 

 

ダブルワークをしている人は

本業と副業の会社に源泉徴収票をそれぞれもらって期間内に税務署の相談コーナーに並ぶだけです。
たいていの場合半日くらい順番待ちでかかると思います。

 

株をやっている方は

NISA口座を開設して枠内での活動では税金もかかりませんし、確定申告も必要ありません。
NISA枠を使い切った場合、特定口座の源泉ありで設定しておくと、証券会社が税金を自動で計算して差し引いてくれるので、これも確定申告が必要ありません。

 

不動産収入のある方

ご自身で確定申告をする必要があります。
紙だけ渡されてこれで私にどうしろと?って最初思うと思いますよ。
難しいので弥生の青色申告というソフトでやらないとほぼ無理です。
最初のうちは練習もかねて白色申告をお勧めします。
慣れてきたら青色申告に切り替えるのがいいと思います。
白色申告も青色申告も大差はないのでソフトは青色申告での申し込みがいいと思います。
コースはトータルプランを選んでください。サポートセンターへの電話では簿記の具体的な仕分けをズバリ教えてくれますし、ソフトの使い方、設定など分からないことだらけな私も何度でも電話で聞いています。
時には税務署の判断を聞きに出向いたりもしますが、正確に提出書類、保管書類を印刷・保存できます。
サポートセンターの電話応対の人は税理士さんが多数いるかと思われます。
また毎年確定申告時期ギリギリに1年分まとめてデータ入力するのは間違いやすいですし、記載漏れも出てしまうでしょう。
年内に余裕をもってソフトを導入しておいて、日々の取引等を都度処理しておけば楽ちんです。
確定申告書類提出時期は印刷するだけという状態にしておくのがベストです。

 


 

※要パソコン・プリンター(パソコンやプリンターなどはWindows10対応ならばどれでも問題ないです)
※出来上がった書類は窓口に持っていくだけです。順番待ちもなく2分程度で税務署での確定申告手続きが終わります!

 

 
 

 

コロナの終息がいつになるか分からない日々の中で、お金への関心も高まっているこの時期に
ちょっと面白いセミナー情報を見つけたので掲載しておきます。

 


 

 
 

技術系資格の登竜門と言われる危険物乙4からの甲種までの試験の体験記サイトです。
危険物乙4~甲種まではこちら
今が取得のチャンス。薬剤師とは別の医療関係者の資格取得応援サイトです。
登録販売者編はこちら
年間50万人が受ける大人気資格。日商簿記検定の取得応援サイトです。
簿記2級編はこちら
実務経験なしの素人でもOK。第2種電気工事士の資格取得応援サイト。
第2種電気工事士編はこちら
料理・お菓子についての資格
調理師編はこちら 製菓衛生師編はこちら
宅建士の資格応援特集です。
宅建士はこちら

 

↑私が現在育成中の副サイトのリンクです。興味がある資格がこの中にあったら、ぜひ読んでみてくださいね!