株式投資2022年

2022年も2月に入りましたね!

新型コロナウィルスのオミクロン株の蔓延や
世界中でインフレが問題として取り上げられるようになってきました。
日本は長年物価が上がらず安く良い品が買えましたが、
海外から仕入れている輸入品も多くあるでしょうし、
安いままというわけにはいかないでしょうね・・・。

 

安い給料のなか、がんばって生活している国民が
ほとんどだと思います。
そんな状況の中インフレが進行すると
お金がないので高くなってしまった品物を買えません。
企業も品物が売れないので売上が伸びず
一番簡単な方法として人件費を減らすでしょう。
人々の給料が減ってしまうので、さらに品物が売れなくなります。
そうなればさらに企業の売り上げが落ちてしまい・・・。
日本国民全体が貧乏になってしまう負の連鎖が始まってしまう。

 

話が少し変わりますが、
派遣労働者というのは働く側にとっても雇う側にとってもメリットがあります。
けれども派遣会社という会社が日本の制度として成り立っているようではダメでしょう。
私も多くの派遣会社を渡り歩き、お世話になっています。
私のようなシニア世代にはありがたい会社です。
ですのでこれ以上は言えません・・・。

 

私も2022年に入って
つみたてNISAを始めました。
年間40万x20年間の投資信託の運用益が非課税になる制度です。
最大年間40万なら気軽に始められると思ったのですが、
400,000÷12カ月=33,333円
月当たり33333円が生活費から、そぎ落とされた生活を20年することになると考えると、
一般庶民には「大きな負担だなぁ」と考えさせられました。
家の20年ローンを組むようなものですもの。
もちろん掛け金は自由に決められます。
いざお金が必要な時には売ることもできます。

 

現在のランキング上位は、
アメリカのS&P500に連動したインデックス型の投資信託が
大人気です。

 

ですが私は人と同じことをするのが好きではないので、
全世界株式のインデックス型の投資信託にしました。
通称 雪だるま
ランキングだと19位くらいでした。
20年先を考慮しての分散投資です。
もちろん全世界といえども現在の構成比率的にはアメリカを多く含んでいるはずですけどね。
2022年1月からスタートしました。
20年後は70歳近い・・・。

 

2022/02/07 記載

 

3月ですね

2022年は次から次へと色々問題が起きてますね。
日経平均株価も上がり下がりを繰り返しながら、下降して行ってますね。
どこかで底を打つでしょうが、配当利回りが5%台が珍しくなくなりつつあります。
もう少し株価が下がりそうな気配ですね。
そのうち株価も底を打ってしばらく停滞しそうな気がします。
気づいてみれば配当利回り6%がごろごろなんてことになる期間も出てきそうです。
8月ごろは大変なことになっている、そんな気がします。

 

以前紹介した郵船様と商船三井様もそろそろ売り時じゃないですかね。
24日ぐらいから坂を落ちるように下落しそうな気がします。
悪い予感しかしません・・・。

 

海運株は今はいいのですが、いつまでこの業績が続くか分からないですね。
6000円やそこらから持っている人はもうしばらく持っていてもいいかもしれませんが・・・。

 

将来のことは神のみぞ知る。
相場の動きなんて誰にも分かりませんから。
ご自身で様子を見つつ投資を楽しみましょう。

 

2022/3/8 記載

 

借金返済がようやく終わりました。

借金を無事完済しました。
安泰な雰囲気だった本業がいよいよ総崩れする雰囲気になってきました。
以前から

 

「将来ここはなくなる。そうなる前に、はやく転職しろ」

 

他界した先輩から口酸っぱく言われてきました。
そんなこと言われたって他に行くところもないし・・・
それになるようにしかならないし、その時期になったら考えようと甘く考えていたのですが・・・。
他界したその先輩の遺言が現実味を帯びてきました。

 

昨年あたりから急激に会社がおかしくなってきました。
本社も前々から、こうなることが分かっていながら今まで何も対策をせず、放置していたようです。

 

可哀そうなのは正社員の人たちです。仕事が嫌になって転職すれば収入が激減します。
でも転職市場の給料水準がどれほど安いかを知ることもないですし、今の世の中の厳しさを知るはずもない・・・。

 

私は非正規の派遣社員で会社を渡り歩き、非正規労働者の世界に15年以上います。
私も若いころは他の会社で正社員やってましたし、若いときの私は、派遣社員の給料水準を知ることもありませんでした。

 

本社は見て見ぬふりで対策をしないのか、できないのか・・・。
このまま放置なら5年以内には内部崩壊が始まりそうです。
そんな気がします。

 

別会社の人間が言える立場ではないですね。
私は派遣社員ではありますが・・・見るに堪えないこの状況を何も言わずには・・・

 

・・・何か大きな考えがあってのことであってほしい・・・

 

私も借金が終わり、ほっとしたのも束の間。
会社が危機的状況になるまで、まだほんの少しの時間的猶予がありそうなので、
私の転職活動が余儀なくされる日も数年後には訪れる可能性も大きい現状を考え、収入が途絶えても1年半程度生きていけるような貯金づくりを今日から始めようと決意しました。
将来何が起こるか分からなくて、生きて行くって本当に大変ですね・・・。

 

2022/3/28 記載

 

金銭感覚ってなかなか変わらないですね

毎月返済していた月16万の借金が終わり気持ち的に余裕が出てくるはずなのですが、何も心境の変化が現れないです。
仕事を4つから3つに減らして体は楽になりましたが、その分総収入が減りました。
毎日家計簿を眺めては以前より収入が減っちゃったなぁと少し元気が出ないです。
仕事先に持って行っている仕事仲間への3時のおやつ代が月5000円だったものが月10000円前後に増えたぐらいで、自分自身の生活費は変わらないですね。
借金を返していたころと比べて、むしろ無駄遣いが減った気がします。
金銭的に余裕が出来るから、それに合わせて生活レベルが少し上がるかなぁと予想してたのですが質素な生活のままです。
借金完済を機に、つみたてNISAやiDeCoなどの貯蓄性の高い長期投資を始め、月56000円程度の固定費が生活費からそぎ落とされるようになりました。
つみたてNISAやiDeCoは、

 

「将来の不安を煽った金融庁の罠かも」

 

とも疑いつつもなんとなく始めました。

 

生活費を毎月56333円そぎ落とされた生活を続けるなら、そのお金を個別株や不動産購入資金に充てて早々と資産作ったほうがいいんじゃないの?

 

そんな思いは最近常々思いますね。

 

今使えるお金が体感レベルで目減りしますからねぇ。貯金好きの人にはいいのでしょうけどねぇ。
賢いお金の増やし方なのかは疑問が残ります。終わってみないと分からないですね・・・。

 

また新たにVOOやVTIと呼ばれるアメリカのETFを少額ながら買い始めました。
インデックス型の投資信託でありながら、年4回の分配金が出ることに加え、一時的に評価額が減ることがあっても長期的には額面価格の上昇を続けており、いつ買ってもそのときが最安値とも言えそうなものですね。バフェット様も亡くなった後にはインデックス型のファンドで運用しなさいと遺言しているような話をどこかで読みました。数年後にはそんな話も世間一般に出てくるでしょう。うろ覚えなのでこれは正確ではない可能性があります。そしてアメリカが今後も成長を続ける保証もありませんね。VOOやVTIといったアメリカのETFは気が向いたときに買う程度です。
先行き不安から、つみたてNISAやiDeCoは全世界株式のインデックス投資を選んでいます。
この先、どの国が経済成長をするか将来的に分からないからです。

 

そしてやはりメインは情報の入りやすい日本の個別株を中心に買っています。2022年はルールを決めていて配当利回りが5%を超えている銘柄に絞って買い集めています。日本の株は長期投資に向かない感じなので高配当株を狙い撃ちして、値上がりして含み益が大きくなったらそこで売り、値下がりしたら配当金をもらいつつ耐えしのぐという方針で進めています。

 

現在は給与収入は生活防衛資金作りのため生活費を差し引いて全額貯金で、運用資金は株の配当金と不動産収入、株の売買益でやりくりしています。
そんな感じなので少額をぐるぐる回している感じです。

 

長期投資と短期投資を私自身の中で明確に分けて投資を楽しむようになりました。
来年の夏ぐらいまでは貯金とつみたてがメインになりそうです。

 

1.何かあったときに株を手放さなくてもいいように
2.本業の危機に際して心に余裕をもって転職活動ができるように
3.今後の人生の選択肢を増やすため

 

生活防衛資金を地味に作ります。
2022年と2023年は私の天中殺の時期に重なり大きな決断は避けるべき期間なのです・・・
淡々と過ごし悪い時期が過ぎるのを静かに待ちます。

 

2022/5/1 記載

 

そういう年齢になってきたのでしょうか・・・

今回はスピリチュアルな話を。
私自身、神仏を全く信じない人生を送ってきました。
「人間死んでしまえばそれで終わり」
それが信条でした。

 

最近はすっかり落ち着きましたが、
ガチでやばい。
死後の世界もあるし、
肉体はないが生きてる人間以上に何でもできるパワーがある。
今年に入ってから、「ヒー」となってしまう怖い体験をいくつもしました。
夜に限らず白昼堂々動けるし、姿が見えないだけで生身の人間同様、普通に暮らしているんだと。
私自身そういう方々と近い年齢になってきたのですかね・・・。
何が起きたのかは言いませんが、
できることは生きている人間以上ですよ・・・。

 

そんな訳で風水やスピリチュアルな、科学では証明できない事にも関心を持つようになりました。
水回りをきれいにしたり、部屋の掃除をしたり、換気をしたりと悪い気を呼び込まない習慣を生活に取り入れ始めました。

 

お金に関することには「生き金 死に金」の考えをより一層強く持つようになりました。
お金を使う場合、「自分も喜ぶ、人も喜ぶ」ような使い方をするほうがお金も喜ぶと。

 

お金はただの紙切れですが、いろいろな境遇の人の間を渡り歩き、
喜びや悲しみ、期待や怨念いろいろなものを運んできます。
自分から出ていくときには、その紙切れが喜ぶような使い方をして送り出してあげるということです。
もちろんそれは無心をしてくる人にあげるという意味ではないです。

 

我々は生きているうちしか徳を積むことはできません。
先祖の霊にお線香をあげますが、供養することにより死者に徳を積ませてあげるということです。

 

我々は宝くじの1等を引く確率よりも低い確率で、この世に生まれてきました。
それだけでも我々はかなりの幸運の持ち主です。
現世には何もしてこないだけで死者たちの霊も普通に暮らしています。
輪廻転生というのが本当ならば、その運命の宝くじ当選待ちの方が静かに暮らしているのかもしれませんね。
私もそういう方々に年齢が近くなってきましたからね。
あと何回、桜を見れるかな・・・

 

生きているうちしか徳は積めません。
徳を積み、悪い気を寄せ付けないような生活を心がけます。
もしかしたら天国や地獄のような世界もあるかもしれないですね。
昔からの風習や考え方は、先人たちの試行錯誤によって解明された事なのかもしれませんよ・・・?

 

2022/5/24 記載

 

そろそろ底打ちが近づいてきている

世界各国でインフレが問題になっていますね。
インフレという問題も投資家たちの心理を脅かすものなのか、日本のみならずアメリカさえもひどく下落しています。
逆に株に資金が流入して株価が上がりそうな感じはしてたのですけど・・・
コロナショックの暴落ほどには及びませんが、株価下落により相対的に配当利回りがかなり高まってきています。
いつまで下落が続くのかはわかりませんが、もうしばらく株価の下落は進みそうな感じはします。

 

今の株価は相当安くなっている状態であり、まだ株価が下落を続けるにせよ
そろそろ買い始めてもいい感じですよね。
まだまだ下落するという悲観的な状態ですから、しばらくはまだまだ下がるでしょう。
長い目で見ればインフレ問題がいずれ解消され、将来は株価が上昇し始めることが予想されます。

 

今の配当利回りはコロナショック時の利回りに近くなっています。
現在の株式市場はかなりの混乱状態であることが分かります。
まだ株価は下落しますが、いずれ現在の株価以上に回復する時が来ると予想されます。
「頭としっぽはくれてやれ」と考えると、そろそろ買い時かなと私も思います。

 

明日買っても年内は下がり続け含み損を抱える状態にはなると思います。
今の配当利回りから考えると将来的には、含み損から逆にプラスとなる時期がいつか訪れそうです。

 

そろそろ種まきの時期かなぁと思います。
すぐには収穫できそうにありませんが、そろそろ資金の準備をしておいたほうが良さそうです。
2022/7/3 記載

 
 

 

コロナの終息がいつになるか分からない日々の中で、お金への関心も高まっているこの時期に
ちょっと面白いセミナー情報を見つけたので掲載しておきます。

 


 

 

技術系資格の登竜門と言われる危険物乙4からの甲種までの試験の体験記サイトです。
危険物乙4~甲種まではこちら
今が取得のチャンス。薬剤師とは別の医療関係者の資格取得応援サイトです。
登録販売者編はこちら
年間50万人が受ける大人気資格。日商簿記検定の取得応援サイトです。
簿記2級編はこちら
実務経験なしの素人でもOK。第2種電気工事士の資格取得応援サイト。
第2種電気工事士編はこちら
料理・お菓子についての資格
調理師編はこちら 製菓衛生師編はこちら
宅建士の資格応援特集です。
宅建士はこちら

 

↑私が現在育成中の副サイトのリンクです。興味がある資格がこの中にあったら、ぜひ読んでみてくださいね!

 

また資格関連以外のサイトも面白そうなので作り始めました。
ブランド品を自宅にいながら鑑定士さんに見てもらってその場で現金化する方法(全国対応)